色あせぬうちに心深く

アクセスカウンタ

zoom RSS 博多で親切にしていただいたこと。

<<   作成日時 : 2017/01/07 02:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、前のページに書いたように、博多キャナル劇場で芝居を観た後は、もう真っ暗。
とにかく方向音痴な私は、キャナルから博多駅へ向かう道にまともに出られた試しがない。
今回も案の定、変な出口に出てしまって、さてどうしよう。

もう人に聞くしかない。
やってきたのは、黒いニット帽に黒いジャケットの若者。
このキャナルシティーは日本人より大陸系観光客の方が多い商業施設です。
う〜〜ん、外国人だったらどうしよう、でも彼しかいないし・・・・。
と迷いつつ、
「博多駅方面の道路へはどうやって行ったら良いか、教えていただけませんか。」

若者は
「こう行って、ああ行って・・・。」
と説明している最中に突然
「一緒に行きましょうか。」

私「!?」
「いえいえ、足手まといですから、どうぞ行ってください。」
と私がいうと、若者は先に歩き出しました。

私は、彼の黒いニット帽を目印にトコトコと歩きました。
しばらくして彼の姿は闇の中に消え、私はキャナルシティーの一番端っこの大きな交差点のあたりまでやってきました。

すると突然あの若者が寄ってきて、
「この道はもうまっすぐ行くと博多駅です。」
と教えてくれたのです。
頼りなさげな中年のおばさんを、彼はこの一番迷いやすい交差点のところで待っていてくれたのです。

ああ、なんという親切心!!。
本当にありがとうございました。

博多で出会った見ず知らずの親切な若者よ、
あなたをそういう風に育てたご家族に、心から敬意を表します。
あなたのこれからの人生に幸多かれ!!。

博多駅前
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

手作り予約受付中

博多で親切にしていただいたこと。 色あせぬうちに心深く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる