色あせぬうちに心深く

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モグラ 月夜跡隠し伝」桟敷童子公演

<<   作成日時 : 2016/12/25 02:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

12月23日 14時〜2時間半
すみだパークスタジオ倉 D列

劇団桟敷童子公演

作 サジキドウジ 
演出 東 賢治
作曲 川崎貴人
照明 Jimmy

http://www.sajikidouji.com/blank-1

出演者の顔ぶれは、ぜひ上記サイトへ。

ネタバレネタバレ
ご注意
27日まで上演

画像


初めて見た桟敷童子は「風撃ち」。
つい最近のことです。
でも、もう何年も見続けている感じがします。
作家の東さんの作品を、別所で何回か見る機会があったからでしょうか(「廃墟の鯨」とか「満月の人よ」とか)。

今回の「モグラ」。
壮大です。
相変わらずのセットの大仕掛けさ、青い照明、言語すら生み出す独創性・・・・。
因縁が愛憎にまみれ、日本の暗黒な歴史が人々を巻き込んでいく。
ああ、私のボキャブラリーでは語ることなどおこがましい。

映像的でもあります。
それは見た目が、というより、時間の流れの扱いがそんな気にさせます。
過去に、現在に、未来に・・・・。縦横に自由に想いが駆け抜ける。
でも、そこには日本人にしか嗅ぎ分けることのできない匂いが立ち込めています。
それは死臭かもしれないし、大地の匂いかもしれない。
火山から吐き出される硫黄の匂いかもしれない。

劇場でいただいたチラシに
「荒唐無稽な物語はこれで最後にないそうな気がする。だからこそ大暴れしたいのである。」
って書いてありました。
最後?冗談でしょう。
ずっと見続けていたい。
見終わってアドレナリンが噴き出す演目。
還暦前のおばさんが、階段を駆け上がれるようになる演目。
血が、沸き立つのです。
大好きです。
伝記ロマン!

画像


いくつか・・・・。

KAKUTAとか道学先生とか、順調にご活躍の松本亮さんもご出演。
台詞の量どんどん増えて素敵。
もっと素敵なのが(ごめん、亮さん)松本紀保さん!

板垣桃子さん、マニッシュに決めて、かっこよかった。
泥魚の外山博美さんも安定の殴られ役(かわいそう)。

そういえば、男はみんな死んじゃう?

開演前のお客さんのさばき方、他も真似してほしい。

ちょっとだけ劇団員の顔ぶれが変わったようだけど、この劇団は本当に役者陣のバランスがいいような気がします。
もちろん、作者の力量がそうさせているとは思うけど。
アクションも歌も脇役も汚れ役も(今回の新井結香さん、すごい)敵役、童子までいる(大手忍さん)!!
そこへヒーロー(松田賢二)とヒロイン(松本紀保)。
劇団員じゃなくても違和感ないし。

次があったので急いで移動しましたが、できたらもう1回見たかった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

手作り予約受付中

「モグラ 月夜跡隠し伝」桟敷童子公演 色あせぬうちに心深く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる